睡眠の基礎知識

body hack

現役美容師でかつIBMF公認ファスティングカウンセラーの麻です。

食する物が身体にどう影響を及ぼすか、睡眠や体の使い方によって、健康寿命を永らえるべく勉強中、その学んだ事をアウトプットしていきます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

先ずは簡単に睡眠の基礎知識から!!!
睡眠には2つの睡眠が有る
脳は起きて居て身体が寝ているレム睡眠
脳も身体も寝ているノンレム睡眠
この2つの睡眠が交互に行われている
勿論睡眠の質によって起きている時のパフォーマンスが変わる。
何時くらい寝るのが丁度良いのか??
一般的に理想とされる睡眠時間は7時間ぐらい
(ショートスリーパーの方で5時間でも大丈夫の方も居てるが)
質でゆうなれば、
眠りに入って最初の90分をいかに深く眠りに入るかで、
全体の80%の睡眠の質に関わるらしい!!
そして、最初のノンレム睡眠の90分間の間に
グロースホルモン(成長ホルモン)が最も多く分泌される
グロースホルモンの効果とは
骨を強くしたり、お肌の代謝を促し、アンチエイジング効果、ボケ防止の効果がある!!
因みに週末にいっぱい寝る、寝だめって行為はやはり出来ない、意味が無いらしい(^^;)
次回は、最初の90分のゴールデンノンレム睡眠の
質を高める方法について書きますねー\\٩( ‘ω’ )و ////
「スタンフォード式」最高の睡眠より

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。