身体に悪い脂は何が悪い?

body hack

現役美容師でかつIBMF公認ファスティングカウンセラーの麻です。

自身も50歳を迎え体調と体型の変化から、ボディーメイク&インナービュティに目覚め

食する物が身体にどう影響を及ぼすか、睡眠や体の使い方によって、健康寿命を永らえるべく勉強、

その学んだ事をアウトプットしていきます。

油には良い油と悪い脂がある
その中で悪い脂の代表が
間違いなくトランス脂肪酸!!!
食べるプラスチックと言われてる程
科学的に作られた脂o(`ω´ )o
トランス脂肪酸の代表格は→マーガリン
その昔マーガリンが低脂肪、低カロリーって事で
バターよりも健康的なニュアンスで世に広まった((((;゚Д゚)))))))
バターとマーガリンをそれぞれ皿に盛って
置いとくとどんな違いが起こるか??
バターにはアリやハエなどがよって来るが
マーガリンには一切寄って来ない((((;゚Д゚)))))))
そして、数週間間経つとバターはカビが発生するが
マーガリンは1年経ってもカビ一つ発生しない!
因みにバターにも少量のトランス脂肪酸が含まれているが
これは天然のトランス脂肪酸で
マーガリンに含まれている化学的に作られたトランス脂肪酸
とは別物と考えて良い!
トランス脂肪酸は
人体に色んな悪影響をもたらすと言われていて
心筋梗塞、ガン、糖尿などの発症する確率が上がる。
コンビニなどのパンのビニールの裏を観て
マーガリン、トランス脂肪酸、ショートニングって書かれていたら
黙って棚に戻しましょうo(・x・)/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。