有酸素運動と無酸素運動の活用方法

body hack

現役美容師でかつIBMF公認ファスティングカウンセラーの麻です。

自身も50歳を迎え体型と体調の変化から、ボディメイクとインナービュティーに目覚め

食する物が身体にどう影響を及ぼすか、健康寿命を永らえるべく勉強

その学んだ事をアウトプットしていきます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

運動には、「有酸素運動と無酸素運動」の二つがあります。
「有酸素運動」
ジョギングやウォーキングなどの比較的低い不可で長時間続けられる運動
「無酸素運動」
ウエイトリフティング、短距離ダッシュなど、息を止めて短時間に強い力を発揮する運動
ダイエット目的などでは一般的に
ジョギングなどの有酸素運動が良いとされている
理由は、運動のエネルギー源として「糖」と「脂肪」が使われるから
それに対して無酸素運動は「糖」は使われますが脂肪は使われません。
そのかわり筋肉が付きます
筋肉は以前にもお話ししたように
基礎代謝を上げ基礎体温を上げるのにも効果的
有酸素運動は脂肪を燃焼させ
無酸素運動は筋肉をつける
より脂肪を燃焼させダイエット、ボディメイクしたい方は、
成長ホルモンを上手く使う事です
成長ホルモンが分泌されるとより効率良く
脂肪が燃焼されるのです、
ただ、、、、、
成長ホルモンは小さい時はバンバン出てきて
背が伸び身体が作られて行きます、
しかしこれも悲しいかな(-_-;)
年齢と共に
成長ホルモンの分泌も減って行きます😓😓
しかー〜ーーし!!!
実は無酸素運動をすると
成長ホルモンが分泌されるのです。
なので
運動するときに
まず無酸素運動をして
成長ホルモンを分泌させ
その後に
有酸素運動ランニングをして
成長ホルモンを効率的に使って脂肪を燃焼させる!!!!!
最強のボディメイク術!!!
🏃🏻‍♂️🏃🏻‍♂️🏃🏻‍♂️🏃🏻‍♂️🏃🏻‍♂️
しかーーーーし!!!
・・・・へっぽこ麻はとてもじゃ無いけど体力的に無酸素運動の後ランニングなんてできまへーーーん😵😵😵😵
毎回ジムのトレーニング後はゲロ出そうになってます( ̄◇ ̄;)
あさ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。