発熱した時は解熱剤を飲むな!

body hack
現役美容師でかつIBMF公認ファスティングカウンセラーの麻です。
食する物が身体にどう影響を及ぼすか、睡眠や体の使い方によって、健康寿命を永らえるべく勉強中、その学んだ事をアウトプットしていきます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ではでは・・・

風邪をひいた時に発熱してしまった!
こんな時はどうするか????
薬を飲んで熱を下げる!!
はい!
これがまた宜しくありません(・ω・)ノ
鼻水や咳が出るのも異物を排除しようとしているからです。
なぜ人間は風邪などをひくと熱が出るのかって言うと
ウイルスと戦うリンパ球などの免疫細胞の活動は
体温が高い方が活発になる性質があるからです
より活発に働いてウイルスをやっつける
逆にウイルスは低温の方が繁殖しやすく
熱に弱い性質があります
体がウイルスに不利な状況を作っているのです
風邪の時熱は高くても42度ぐらいまでしか上がりません
42度以上熱が出ると体本来の機能に支障が出るからです。
ほんと体の仕組みって本当によく出来てるっす!
薬で熱を下げる事って結局体が頑張ってウイルスをやっつけようと頑張ってるのを邪魔してる!
脳に「外的と戦闘中ですよー」って伝えるために必要な酵素があるのですが、実は薬はその酵素の働きを邪魔して発熱を抑えるんです😵😵😵
「いらん事するなー!!」って感じっすよね😳😳

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。